学習の技術XシリーズQシリーズSシリーズ

Airwheel カタログ

  • uni cycle

    使用

    カタログ

            AirWheel電動一輪車は歩きの代わりに新しいタイプのハイテクの乗り物だ。それは宇宙飛行姿勢制御原理、ファジイアルゴリズム、ジャイロシステムを使って、前後方向の自己平衡を実現して、利用者が体の少しの前傾や仰けざまを通して進め、加速、減速やブレーキなどの走行操作を実現する。左右のバランスは自転車に類似して、体の揺らしをよって実現する。  AirWheel電動一輪車は環境保護の特徴を持って、持ち歩きが便利だ。例えば地下鉄やバス、通勤、通学、ショッピングなど、 アウトドアのよき片腕だ。
    Airwheel is the greenest and lightest smart unicycle which can be easily carried into buses or subways, facilitating daily commuters.

    主な機能部品図:

    ①.電源スイッチ
    ② .電量指示燈
    ③.充電コンセン
    ④.ペダル(上へ回転収

    起動

            AirWheel電動一輪車を垂直の状態で地面に置いて、電源スイッチを押して、スイッチランプや電気の指示燈が光って、同時にブザーが「ぶー」を出してからいいです。
    電源スイッチを押すと、AirWheel電動一輪車は前後方向の傾斜状態で、それが自動修正後、まっすぐな状態まで待ってください。

    電量提示

           AirWheel電動一輪車は四つのLEDを使って電量の状態を表示する。電量約85%以上に四つのLEDが全部光って、電量の減らしとともにだんだん消えるから、遠い道のりに戻らないことを避けるためにお出かけ前に先に電量を見てください。
    お客様のスケジュールを遅らせないため、使うたびに、直ちに充電してください。
    余った電気が15%以下の時、4個のLEDが全て輝いて、ブザーも鸣り続けて「ぶー」の声とともに、ペダルの先端が次第に落ち込んで、徐々に減速して停止する。突然に電気切れで停電になってお倒れをよけるためにあの時は起動しないでください。
    冬に乗る時、航続距離が減って、リチウム電池が低温での放電能力の低下はとても速くて、例えば- 15℃に、放電能力は常温の半分くらいだ。

    時速対策

          スピードが速すぎた時の傷害を防止のために、AirWheel電動一輪車の最大の走行スピードを制限する。 速度が12Km/ hを超えた時、ペダルの先端が速度の増加とともに起きて、16Km / hに至る時、起きた角度が10°に近く、お客様はもっと体の前傾方式を通じて加速できない。速度の低下に伴い、ペダルはなた上げた角度が小さくなる。

    注意:速度が上限に近い時、強引に体を前傾して加速しないでください。転んで怪我をしないように!

    傾け対策

         車の傾けが45°を超えた、例えばAirWheel電動一輪車が転んで、制御システムが傾け対策を起動して、電機はすぐ回転を停止して、高速回転の電機は人を傷つけることを防ぐ。
     傾け対策起動後、ブザーが長鳴する同時に、電源スイッチのLEDがずっと瞬いている。

    保護状態を解除なら電源スイッチを切った後に再開でいいです。
    充電

         充電器の充電プラグが充電穴に挿入した後、交流電源を挿入してください。そうしないと充電器が起動できない。それは潜在的なリスクを避けることができる。充電もより安全になる。
     AirWheel電動一輪車に搭載したハイパワーの充電器は、正常な情況の下で、わずか60分間くらいで充電が終わりできる。45分間で約80%で、充電器の上のランプが赤の場合は、充電中、緑の場合は、終わり。
    もし急用ではなく、充電終了後で充電器を離れてください。充電後期で、バッテリー保護板は、バッテリーに電圧均衡のメンテナンスをするから。

     

    防水

          AirWheel電動一輪車の防水レベルはIP56で、10cm以下の深い水でもご使用になれるが、雨の中での長時間使用や、水の中に浸すといった行為はしないでください。

    メンテナンス

    保管

         湿気の多いところを放置しないで。長時間使わない時は、2ヶ月ごとに1回充電して電池の活力を維持したほうがいい。

     

    空気詰め

         限られた空間で、一般的な空気入れ使用できない。この時、空気入れの延長の空気口をタイヤの空気口と接続なら普通の空気入れも使用できる。

     

    内外タイヤ交換

         内外のダイヤの損傷があって修理また交換時、指示燈がない側の蓋を開いて操作する。まずドライバーを使って、侧の14ボルトを外して、そして指示燈がない側の蓋の中間の6ボルトを外して、殻を開ける。その過程に両側の蓋の中間接続ハーネスご注意してください。

     

    注意:

    Aメンテナンス終了後、電源端に接続する時瞬間に火花がでる可能性があり、それは正常な現象で慌てる必要はない。
    B内部回路を壊れないように指示燈がある側の蓋を開けないでください。そうしないと保証できない。

     

    保証

         保証カードや購入領収書がアフター証憑とするから、よく保管ください。 AirWheel電動一輪車は非人為の破損や故障について、以下の条項に従ってアフターサービスを提供する: 車はバッテリー及び消耗品を除いて1年保証。 ②バッテリーは半年保証で、車輪の内外のダイヤは消耗品に属して、1ヶ月保証。

     

    次の情況は保証の範囲内ではない:1 .ユーザーが「使用説明書」の規定により使用、保養と調整していない場合の故障。 2 .ユーザーが自ら改装、解体修理による損害、及び使用規定を守らないことによる故障。 3 .ユーザーの保管が不当や意外事故による故障。 4 .保証カードや領収書なしあるいは領収書、カードが物に合わない場合。 5 .使用後外観の損傷が保証の範囲に属していない。 6 .使用説明書の規定範囲以外の自主に部品を解体し損害した場合。 7 .雨の中での長時間使用や、水の中に浸すといった行為で損害した場合。