Airwheelは走行によるケガの防止対策を教える

  • Source:Airwheel

運動による私たちの体を最適な状態に保つことができますが、不適切な運動でケガをするおそれがあります。では、走行によるケガをいかに防止すればいいか、次に話させていただきます。

ウォームアップ運動


走行前に10—15分ほどのウォームアップ運動をして、体を軽く動かして、心臓や筋肉の動きを前もってあるレベルまで高めておく、体の柔軟性も高めておく、次の激しい運動をすると、肉離れ、痙攣等傷害をできるだけ避けることができます。

 

Airwheel E6

 

運動のやりすぎには注意

運動のやりすぎは肉離れになるおそれがある、日常生活にも支障をきたします。だから走行のやりすぎはダメ。自分の身体状況を充分了解して、無理な走行をしないようにしてください。自分の身体状況を充分に把握することができない場合、Airwheel Rシリーズをお勧めしています。自転車、モペット、電動バイクの三つのモードを備えていますから、疲れると、モペットあるいは電動バイクモードに簡単に切り替え可能、走行の強度をよく把握して、適度な運動をするように確保することができます。

 

Airwheel S8mini

 


食物と水分補給

サイクリングは一定量のエネルギーを消費します、特に長時間のサイクリングや暑い時のサイクリング、ですから、食物と水分を随時に補給しなければならないです。定期的な補給は体を適切な状態に保つ、意外防止することができる、効率的な走行を実現しています。

 

Airwheel E6

 

Airwheel Eシリーズ

Airwheel Eシリーズは高性能ハブモーター搭載でフル電動自転車です。ペダルを漕ぐ必要はない、肉離れなど傷害が発生していません。出発前に自転車の調子をよく点検して安全な走行を実現します。突然天気が悪くなると、車体を簡単に折りたたみできて、地下鉄など他の乗り物に乗り換えて、それは簡単でいっこうに面倒がないです。

Next:Airwheel:速度は大丈夫、便利でスタイリッシュな走行がほしい