Airwheel
Airwheel

Airwheel

エアーウィールインテリジェントクール独立独歩

AirWheel内書

  AirWheel電動一輪車は歩きの代わりに新しいタイプのハイテクの乗り物だ。それは宇宙飛行姿勢制御原理、ファジイアルゴリズム、ジャイロシステムを使って、前後方向の自己平衡を実現して、
利用者が体の少しの前傾や仰けざまを通して進め、加速、減速やブレーキなどの走行操作を実現する。左右のバランスは自転車に類似して、体の揺らしをよって実現する。
 AirWheel電動一輪車は環境保護の特徴を持って、持ち歩きが便利だ。例えば地下鉄やバス、通勤、通学、ショッピングなど、 アウトドアのよき片腕だ。

Weight/kg
Charge Time/min
Maximum Speed/km/h
Range/km
Airwheel X3 オレンジ


ライフスタイル


知的なリーダー

生活と激情の激突


インテリジェントの安全対策:傾け対策、電量対策、時速対策、音提示



完璧なデザイン、経典の色


私達は意義のあるデザイン、一種の言うまでもなく製品の核心を伝える設計を探す。デザインは外観と機能の組み合わせだけでなく、更に製品の各方面に貫徹。エアーウィールはファッションと環境保護を一身に集中して、超便利!

卓越した品質



多くの国際認証を通じた:CE、roHs、UN38.3、MSDS ; 50余りの特許技術を通じて、多くの項目の国際認証を通じた。品質保証

システムが全面的にアップグレードで、CPUの処理がより正確、より迅速


世界で最初の最先端のプロセッサを使用して、これまでで最もトップのプロセッサ構造がある。性能の多くの項目が大幅に改善を実現する:CPU毎秒1024度浮動小数点演算を行うことができて、リアルタイムデータを監視する。


18km/h 120kg 90min
Maximum Speed Weight Limit Power Consumption/100km Charge Time

超動力電機 リニア 超静音

    

リニアモータ電機は磁気浮上を利用してベアリングを省き、電機最新技術の一つ。ラジアル荷重ベアリングを省くことができ、電機の一つの壊れやすい物を減少し、つまり電機はもっと丈夫だ。

130Wh:約 90分間で        170Wh: 約 120分間で



18km/h 120kg 9.8kg 90min
Maximum Speed Weight Limit Body Weight Charge Time
 最高時速 約18km/h
航続距離 约18-23km(乗る人の体重及び地面環境などにより異なる)
登坂 约15° (体重60kgで、18度まではできたことがある )
バッテリー 130Wh / 170Wh Lithium (保護板が均衡機能を備えている)
適応温度 -10°C ~ 40°C (最も適応温度は10℃~30℃)
最大乗車重量 120Kg
充電器電圧 AC 110-240V 50-60Hz
充電時間 130Wh: 約 90 min (60分間で80%)
170Wh: 約120分間で (90分間で80%)
サイズ 450*395*160mm
ペダルが地面からの距離 115mm(乗車重量なしの場合)
タイヤサイズ Ф360 mm
車重量 9.8kg
標準 充電器
選択 補助車 左右 ボルト付、エアーバルブ用ロングアタッチメント、ショルダーバッグ
時速対策
 スピードが速すぎた時の傷害を防止のために、AirWheel電動一輪車の最大の走行スピードを制限する。 速度が12Km/ hを超えた時、ペダルの先端が速度の増加とともに起きて、16Km / hに至る時、起きた角度が10°に近く、お客様はもっと体の前傾方式を通じて加速できない。速度の低下に伴い、ペダルはなた上げた角度が小さくなる。
サウンド提示
余った電気が15%以下の時、4個のLEDが全て輝いて、ブザーも鸣り続けて「ぶー」の声とともに、ペダルの先端が次第に落ち込んで、徐々に減速して停止する。突然に電気切れで停電になってお倒れをよけるためにあの時は起動しないでください。
傾け対策
車の傾けが45°を超えた、例えばAirWheel電動一輪車が転んで、制御システムが傾け対策を起動して、電機はすぐ回転を停止して、高速回転の電機は人を傷つけることを防ぐ。  傾け対策起動後、ブザーが長鳴する同時に、電源スイッチのLEDがずっと瞬いている。
電量提示
 AirWheel電動一輪車は四つのLEDを使って電量の状態を表示する。電量約85%以上に四つのLEDが全部光って、電量の減らしとともにだんだん消えるから、遠い道のりに戻らないことを避けるためにお出かけ前に先に電量を見てください。  お客様のスケジュールを遅らせないため、使うたびに、直ちに充電してください。