Learning Tips

使用前の準備

エアーウィールを初めて使用する時、なるべく快適なレジャーやスポーツの服装を着し、スニーカーを履く。良いウォーミングアップをして、体の柔軟性を維持する。心理状態を正す(倒れが恐れ、強い心理的障壁が生じる。だが人体の運動機能を分析すれば、エアーウィールのペダルが地上から10センチの高さで、お立ち跳びはきっと10センチ以上だろう!お立ち跳びでの転倒が恐れですか?落ちたら車を投げ、自身を保護することを忘れない限りでいい。)初心者にヘルメット、グローブ、肘当て、膝当てなどをかばい、事故を避けることができる。エアーウィールを広々としている場所につれて、地面が平坦で明らかな障害物がないことを確保する。

初心者の操作手順

1 .単手でエアーウィールを支えて、地面に垂直を確保する。電源スイッチを開く。
2 .両側のペダルを開いて、エアーウィールの両側に両足が平行に置く。もし一人ならレバーや壁をつかんだほうがいい。二人の助けを借りて、左、右で保護では一番。安全で、急速にあなたの勉強を助ける。
3 .右足あるいは左足を(個人習慣より)片側のペダルに踏み、足の裏はペダルの中心部に位置して、すねの部位をちょっと曲げて、しっかりとクッションカバーに貼る。
4 .上体を自然に直立し、目が前を見る。体の重心を側の足に転送して、体の左右のバランスを保つ。
5 .終始第3条のごとく姿勢を保って、だんだん体の重心をペダルを踏んで側の足に移転して、足を地面から離してみて、バランスのところを探す。単足でペダルに踏ん時、足の直立をちょっと維持できるまで。
6 .以上の手順を厳守した上に、次第に片足で支えてゆっくりと前へ走って、単足でペダルに踏ん時、長い時間のはしることを保持できるまで。
7 .片足で滑走してバランスの重心を維持した後、そっと別の足をペダルにおく。同時に両側のすねをリラックスして、両足をペダルに上下踏んで、走行中の平衡状態を確保する。
8 .だんだん平穏で直進することを慣れた後は、個人によって状況を把握して、体の重心の移動または両足の左右揺れのコントロールをよって進む方向を変える。

初心者の操作手順

初心者が初めてエアーウィールを使用する時には製品セット内の学習補助ベルトを勉強の重要なツールとする。学習補助ベルトは使用中で初心者の慣れなくて操作したエアーウィール暴走の情況の発生を避けることができる。

Warnings

第一点 18歳以下や45歳以上の初心者が使用する時にそばの人の助けが必要だ。
第二点 使用前に電量は十分でタイヤの空気入れは正常のことを確認してください。
第三点 まだ運転することになれないなら、急速なスピードで走ることをしないで。どうぞゆっくり加速して。 速して。